Twitterに投稿された、「子供に対する当事者意識を旦那に持たせる方法」が秀逸な上におもしろい!

Twitterユーザーである、ぐうたらこ(@guutaraco)さんが、LINEを使って「子供に対する当事者意識を旦那に持たせる方法」を開発。

そしてその方法を、「旦那に当事者意識を持たせるのに、逐一『おたくの娘さん情報』を発信するの、オススメです。」とのコメントに2枚のLINE画像を添付してTwitterに投稿すると、瞬く間に大きな注目を集めました。

そのツイートがこちら。

旦那さんに子供に対する当事者意識を持たせる方法のLINE画像-1

旦那さんに子供に対する当事者意識を持たせる方法のLINE画像-2

旦那さんの返しが定型文なのがメッチャじわじわきます。

外で働き育児を奥さんに任せっきりの旦那さんは、子供に対する当事者意識が欠如してしまうことになりがち。

だからといって、それについて顔を見るたびガミガミ言っても事態を改善するのは難しいですし、それどころか夫婦間に溝を作ってしまう結果にもなりかねません。

でも、ぐうたらこさんのこの方法なら、旦那さんに自然と当事者意識を持たせられそうです。しかもこれ、おもしろい上に夫婦間のコミュニケーションにもなりますよね。

僕と同じように考える人も多いのか、Twitterには「私もやってみたい」という趣旨のコメントが沢山ありました。

実際、やってみた効果はどんなもんだろうというのが気になるところですが、「これやりました!」とおっしゃっている人がいて、その方はこんな風にコメントしてらっしゃいました。

ぐうたらこさんは、「旦那は『うちの子の面倒見てくれてありがとう」と日頃から言ってますね。」とおっしゃっていますし、旦那さんにLINEで子供の様子を逐一報告するというこの方法は、なかなか効果的なんじゃないかと思います。

ガミガミ説教するよりLINEで報告。これなら角も立ちませんし、誰も嫌な思いをしませんよね。

一度やってみるだけの価値はあるんじゃないかなぁなどと思っていたら、さっそく導入してみた方がいたようなんですね。そしてその結果をぐうたらこさんが、「おたくの娘さんシステム成功例 」としてリツイートしてました。

↓↓↓↓↓

おたくの娘さんシステムを実践してみたLINE画像(成功例)

うーん。ほのぼのしたやり取りに心温まりますね。

ただ一見完全無欠に見えるこの方法。とんでもない欠陥もあるようで、場合によっては手痛いしっぺ返しを喰らうこともあります。

Twitterユーザーのとり(ぴよた♂8/27)さんが実践してみたところ…

とり(ぴよた♂8/27)さんはその後、「一枚上手を行かれた感じで悔しいい…笑」とコメントしてらっしゃいました。

一枚上手なご主人をお持ちの奥様は、キーッてなる返しをされる恐れがありますので十分にご注意ください。

おまけの情報

ぐうたらこさんは、ブログもやっていて、そちらもかなりおもしろいです。
ブログは、「不妊ってなんだよ!(怒)」から「妊娠ってなんだよ(喜)」を経て、現在は更にその後続の「子育てってなんだよ(楽)」を運営してらっしゃいます。

「不妊治療→流産→再度妊娠→出産→現在ぐうたら子育て中」という経緯を経てるので、ブログもこんな風になっているわけですね。

最初のブログ「不妊ってなんだよ!(怒)」は、「『ベビ待ち』ってなんだよ!」というタイトルで書籍化されてますので、興味がある方は読まれてみてはいかがでしょうか?


「ベビ待ち」ってなんだよ! ぐう たらこ (著)-Amazon

お姫様よりマカロニが好き? 小さな女の子が白雪姫と出会ったときの意外な反応
食事をしている小さな女の子に、白雪姫と写真をとる機会が。普通ならここで「きゃーっ、しらゆきひめだわ! あたちだいちゅき!...
観客席に飛び込んできたファールボールから、己の身を挺して少年を守ったマスコット
球場で野球を観戦していた観客に、ファールボールが当たって怪我をするという事例は少なくありません。 今回は、観客席に飛んで...
中毒性が高すぎ! とあるスーパーの精肉コーナーで流れている曲がクセになる動画
Twitterユーザーであるリライ(↑)さんが、とあるスーパーの精肉コーナーで撮影した動画をTwitterに投稿したんで...
制御不能な10匹の子猫軍団は、写真を撮るだけでこんなに大変なのです。
「10匹の子猫を飼う」。もしこんな暮らしを実現させた人がいたとしたら、きっと猫好きな方はその夢の体現者を羨望の眼差しで見...
なんという一撃! 保護された子猫 vs 先住ネコのバトル映像
Twitterユーザーであるにとりさん(@Rindow_Nitori)のお宅で、保護された子猫と先住猫とのバトルが勃発。...