制御不能な10匹の子猫軍団は、写真を撮るだけでこんなに大変なのです。

写真を撮るために10匹の子猫を整列させようとする飼い主

「10匹の子猫を飼う」。もしこんな暮らしを実現させた人がいたとしたら、きっと猫好きな方はその夢の体現者を羨望の眼差しで見つめることでしょう。

しかし、月は遠くから眺めるからこそ目に美しく、隣の芝はなぜかやたらと青く見えるもの。

実際に10匹の子猫を飼うということは、良い面ばかりでなくそれなりの苦労を伴うのです。なにせ、家族写真を撮るために整列させようとするだけで、こんなにも苦労するのですから。

Owner Struggles to Herd 10 Kittens

並べられても寄せられても、あくまで散らばっていこうとする子猫たち。

そう、ここは秩序が崩壊した世界なのです。アメリカ大統領ですら、子猫たちの自由を阻むことはできないでしょう。

世界最強国家の権力をもってしても制御不能な無法者。最強、まさに最強。そう、子猫こそが、世界のヒエラルキーの頂点に君臨する最強生物なのです。百獣の王がライオンなどというのはただの世迷い言、都市伝説にすぎません。

真の王者は子猫。キング子猫! ジェネラル子猫! 子猫先生! 子猫班長! USA! USA!

…さて、頭がおかしくなったと思われるのでこれぐらいにしてと (´・ω・`)

子猫を並べてる人は顔が写ってないので飼い主さんかどうかは不明ですが、腕時計やアクセサリーが同じようなので、たぶん飼い主さんご本人だと思います。

はじめキレイに一列に並べようとしてるけど、途中から微妙に「取り敢えずまとめよう」という方向に妥協しかけてるっぽいとこが妙におもしろいですね。最後は完全に妥協してます。

ちなみに、こちらが飼い主さんのご尊顔。子猫まみれになって嬉しそうです。

なんというヘブンな光景。こんなの見ると、どんなに苦労があっても子猫いっぱい飼いたくなっちゃいますよね。

しかし、きやつらが成長した時のことを考えるとちょっと怖い。なにせ成長したからって大人しくなるとは限らないですからね。余計パワーアップしてスーパーカオスになる可能性も…。

まぁ僕は犬派なんで関係ないか。でも猫が嫌いってわけじゃないんですよ。むしろ飼ってみたいんですけど、飼った経験がないんでちょっと怖いです。命には責任を負わにゃならんですからにゃ。

ということで、今回は可愛くてフリーダムな子猫動画のご紹介でした。

おまけ

こちらは、ご紹介した動画のオリジナルの方です。BGMは入ってないですが、再生時間が少し長いです。

10 kittens

なんというシンクロ率! まったく共通点のない2つの物体が、完全一致している様子をとらえた奇跡の画像
LOUDSTORMというバンドてギター&ボーカルを担当しているヘヴィメタルミュージシャンのMATSさんは、兵庫...
見てるだけで楽しくなる! 職務そっちのけでダンスに興じる警察官のコンピレーション動画
警察官の人というのは、「法の番人」という職務の性質からどうしてもお堅いイメージがあります。 彼らもも、そういう部分をわか...
仏罰不可避だ! ご本尊様とご先祖様を祀った大事な仏壇に起こった大変な異変
Twitterユーザーの小出和彦‏(@kazzhico2)さんが家に帰ってみると、30年前に結構な金額で購入した仏壇に異...
ええもんみせたるわ! 生まれたばかりの赤ちゃんを飼い主さんに見せようとするお母さんフェレット
Brett ForsterさんのYouTubeチャンネルにアップロードされたフェレットの動画がなんともほのぼのするのでご...
着地失敗?それとも成功? なんだかおかしな場所に着地してしまってる文鳥さん
6羽の文鳥と2羽のオカメインコと一緒に暮らしてらっしゃるツイッターユーザーのよこぼうる‏(@yokobouru_)さんは...