なんて仲睦まじい… のかな? ちょっと変わった感じで戯れている二匹の犬たち

アンパンマンの人形

Photo by hjus

Twitterユーザーであるがくこ(@vloc_ol)さんが投稿した一枚の画像。そこには、がくこさんの愛犬である、なむ(2歳 ♀)ちゃんとこてつ(8歳 ♀)ちゃんの、日常の一コマがおさめられていました。

仲睦まじそうに戯れるニ匹の………………………… 仲睦まじそうにたわ…………………… 仲むつm…………………… えーっと、うーん…。

こてつちゃんに顔を噛まれているなむちゃん

顔を食べられているのがなむちゃんで、食べているのがこてつちゃん。たぶん、こてつちゃんが「おなかがすいたよ~」と泣き出したので、「じゃあ、ぼくのかおをたべるといいよ」みたいな流れなんでしょう。

Σ(・o・;) ハッ! もしやこれは、300年に1度犬界に蔓延するといわれるヤナタカ病では…。

ヤナタカ病
ヤナセタカシウイルスによって引き起こされる急性感染症。発症すると、お腹を空かせた犬に顔を食べさせたくなるが、致死率は0%なのでほっとけば害はない。また、ヤナタカ病を発症した犬が顔を食べさせようとしても、基本美味しくないので、実際に食べられたという事例は報告されておらず、同病が猛威を振るった宝永大噴火の翌年(1708年)ですら、「噛まれたとき、ほっぺに牙の穴が開いたので痛かった」という事例が1件報告されるにとどまる。こうした特徴から、獣医師界では「存在する意義がよくわからない病気」として知られる。

はい、ウイットなジョークはこれぐらいにして真面目な話なんですが、この画像を見るとちょっと痛そうだとか思われる方いるんじゃないかと思います。しかしご心配なく、これ甘噛で、いつもやってることらしいです。

飼い主のがくこさんもこうおっしゃってます。

動画で見た方がわかりやすいかもですね。ぶっこんどきましょ。

↑↑↑↑↑

↑↑↑↑↑

↑↑↑↑↑

↑↑↑↑↑

TPOをわきまえず甘えるなむちゃんに「むっきー!」ってなってるこてつちゃんって図なのかな? ちなみに、ツイートの中に「母ちゃんらぶです」というコメントがありますが、二匹の間に血縁関係はありません。なむちゃんは耳が垂れていますが、生みの両親は両方とも立ち耳なんだそうです。おもしろいですよね。

そういえば大事なこと言い忘れてましたが、なむちゃんとこてつちゃんの二匹は「てらわんこ」と呼ばれているんですよ。これはがくこさんちが岡山の「久昌寺」というお寺であるためで、「お寺のワンコ=てらわんこ」というわけですね。

久昌寺は月一で新聞を発行していて、その紙面ではてらわんこ達を主人公とした4コマ漫画が連載されているのですが、これがまた玄人はだしで面白いんですよね。漫画には、今は虹の橋を渡ってしまった名誉てらわんこのゴロー君(♂)も出演しています。こちらに漫画のまとめページがありますので、もしよかったら読んでみてください。

ということで、今回は犬界に蔓延しつつあるヤナタカ病の話題をお届けしました。えっ、ちがう? そう、わかってる。春なんではしゃいでみただけ。たぶん夏もはしゃぐけど。

ああっ、なんてことだ! 卵落下実験の最中に起こった予想外のハプニング
落下の衝撃から卵を守る装置を作った女の子。カメラの前で落下実験がスタートします。 撮影者であるお父さんと椅子に座った弟が...
なんというビヨンセ愛! ビヨンセの楽曲「シングル・レディース」を愛してやまない赤ちゃん
車の後部座席に設置されたチャイルドシートに座っている1歳9ヶ月の女の子には大好きな曲があります。それは米国出身の大スター...
なんて和む光景! 女性に走り寄るガチョウの姿に心が温かくなる動画
米アーカンソー州の州都リトルロックのメディア「KATV Channel 7」のフェイスブックに、とてもほのぼのする動画が...
これは衝撃! 「猫は丸くなるもの」という通説を過去へと葬り去ってしまった猫
『雪』という動揺の歌詞に、「犬は喜び庭駆け回り~♪ 猫はコタツでまぁるくなるぅ~♪」というのがありますよね。 そう、猫と...
ちょっと頑張ってる感じが可愛すぎ! 隙間を通りたいけど狭すぎて通れないマンチカンの子猫
レッドタビー&ホワイトバンの毛色に超短足という、キュートなマンチカンの子猫小太郎(♂)くん。彼は今とっても困っています。...