ギターを持ったホームレス男性とアヤックスサポーターとの心温まる出来事

アヤックスサポーターに囲まれて笑みを浮かべるホームレス男性

2017年5月11日、EFAヨーロッパリーグ準決勝2ndレグでアヤックスとリヨンが対戦。アヤックスは3-1で敗れましたが、1stレグで4-1と勝利を収めていたため、アヤックスは決勝へと進出しました。

この準決勝の試合前、町中でとあるホームレスさんとアヤックスサポーターとの心温まる出来事が撮影され話題となりました。

アヤックスサポーターが集まっていたオープンテラスのバー。そこにはギターを抱えたホームレス男性の姿が。アヤックスのサポーターは、そのホームレス男性に対してクラブの応援歌であるボブ・マーリーの「Three little birds」を歌ってくれと頼みました。

Three little birds in Lyon (Ajax)

みんなで一緒に歌って喜びを分かち合いながら、次々とお金をギターケースに放り込んでいくサポーターのみなさん。そしてホームレス男性のあの笑顔。とっても心温まりますね。

実は、アヤックスサポーターといえば、フーリガンとして結構悪名高くて、よく問題も起こしています。でも、こういう動画見ると、やっぱり彼、彼女らも人間で、温かい心をちゃんと持ってるんだと感じます。根っからの悪人なんてそうそういるもんじゃないですし。

2002年に開催された日韓ワールドカップでも、そういうフーリガンの心温まるエピソードみたいなもんが色々とありましたよね。

例えば…

BBC
日本人の親切さとマナーの良さについて、 イギリスのフーリガンたちさえも
世界最高の紳士に仕立て上げてしてしまうほどであったと絶賛。

あるフーリガン
日本に来て大暴れしてやろうと思った。
しかし、試合が終わりいつの間にか相手国サポーター、
そして日本人達と、肩を組んで酒を飲んでいる自分がいた。
どうして俺は・・・・以下失念。

英各紙
この全方位外交が各国のサポーターにも影響し、対戦チームのサポーター同士が記念撮影したり、談笑するど、欧州では考えられない光景が各地で見られ、フーリガンが出る幕はないとの特派員記事を掲載。経済紙フィナンシャル・タイムズも、「日本人は、憎しみなき熱狂で、 W杯をより豊かにしてくれた」と最大級の賛辞を送っている。

こういった心温まる交流の元となったのは、やっぱり日本のおもてなし精神ですよね。日韓ワールドカップ観戦に訪れた人々に対する日本人の対応は、海外から下記のような評価を受けています。

フーリガン(暴力的なファン)で恐れられるイングランドのファンが温かく迎えられたことが「不可解だが、輝かしい特色だった」。

「日本体験が英国人に集団治療のような効果を発揮している」(英高級紙サンデー・テレグラフ)

「3万人以上の日本人が英国国歌を歌ってわがチームを熱狂的に応援した。顔中、イングランド旗にした日本人もいる。私の頭がおかしくなったのではない。これは本当なんだ」(英大衆紙デイリー・ミラー)

フーリガンについて「一人の逮捕者も出さなかった」と伝え、「ベッカムの人気もあったが、日本人にここまで温かく迎えられては騒ぎようがない」 (英サム紙)

日本人は、憎しみなき熱狂で、W杯をより豊かにしてくれた(経済紙フィナンシャル・タイムズ)

さっき言ったことの繰り返しになりますが、結局フーリガンも人間なわけですよ。温かく迎えられれば気持ちが温かくなるし、優しく接すれば優しくなる。

ただ、僕は何でもかんでも善意で解決できるとは思っていません。むしろ、そういうこと言う人は嫌いです。たとえば、武装放棄や話し合いで戦争すら回避できると強弁する人とかね。

でも、根っからの悪人はそうそういないってのも現実なんですよ。僕の会社にもかなり嫌な感じだった人がいて、何か聞くといちいち嫌味で返してきたり、挨拶しても無視したりするような人です。

僕はその人にずっと挨拶し続けて、ずっと善意で接してみたわけです。そうすると、ある日その人が自分から「おはようございます」って挨拶してきたんですよ。あまりに突然だったんで、僕は返しの挨拶のイントネーションがちょっと変になりました。

そんなアホなと思うかもしれませんが、これホントの話です。やっぱ、心って通じるもんなんですよ。もちろん程度の差ってもんはあるでしょうし、嫌な態度をとってくる人に対して優しい気持ちでい続けるのは難しいことですが。

でも、自分が優しい気持ちでいて、それが相手に伝わって自分の周りの世界が優しくなっていくならば、それは素敵なことだと思うんですよね。そのためならば、ちょっとぐらい損したり我慢したりするのは何でもないことなのかなとか最近思います。

2020年には東京オリンピックが開催され、世界中からお客さんがやって来ます。そのときは、また我々日本人が日韓ワールドカップのときのようなおもてなしの精神を発揮して、オリンピック開催前より少しだけ世界を優しくできたら素敵だなあとか思います。

ということで、今回はギターのホームレスさんと悪名高いアヤックスサポーターとの心温まる交流のお話でした。

これは断れない! 食事してる男性に食べ物をねだるフレンドリーな野良猫
生垣の隙間から顔を出している野良猫さんが、食事をしている男性に「たべものをくれにゃ」とおねだりします。 フレンドリーな野...
これはほのぼの! おもちゃが欲しいけど手が届かない子猫とママ猫の動画
猫の親子のほのぼのする動画があったのでご紹介します。 高いところにあるボールが欲しくて取ろうとしているけど、手が届かない...
二人の赤ちゃんがソファーの後ろで妙に静かになっていたので覗いてみたら可愛いものが見れました
今回は、米カリフォルニア州ウッドランドヒルズのとあるお宅で撮影された、短いけどめっちゃ可愛い動画をご覧いただこうと思いま...
ナスの嫌われっぷりが面白い! 色んな食べ物を見たときの、シベリアンハスキーさんの反応
犬は基本色々なものを食べますが「肉食に近い雑食」と言われますので、やはり食べるものにも好みというものがあります。 講談社...
涙なくして見れない! キュウリ達を待ち受ける、悲しき運命の物語
Twitterユーザーのイサナ(@isana11)さんが投稿した1枚のキュウリ画像が、多くの人々の涙を誘いました。 その...