愛が伝わったに違いない! カエルが大好きなTwitterユーザーさんとカエルの心が触れ合った瞬間

カエルの後ろ姿

庭先にいるカエルの写真をほぼ毎日撮っているというカエル大好きTwitterユーザーのポンコツキコ。‏(@tsukjiko)さん。ある日の夕方、いつものように「植木&カエルの水やり」をしていたところ、とっても心温まるカエルとの交流を体験し、その画像をTwitterに投稿しました。

これは絶対、ポンコツキコさんのカエル愛が伝わったのに違いありません。

人間の指とハイタッチしている庭先のカエル

なんかカエルの背中がメチャメチャ可愛いです。僕、こんなにカエルを可愛いと思ったのは生まれてはじめてですね。

今までは、正直カエルってなんとなくキモいと思ってましたが、よくよく考えたら顔とか可愛いですよね。このハイタッチ画像をキッカケにカエル愛に目覚めそうです(笑)

もし僕と同じくカエル愛に目覚めて、これからカエル達と交流してみたいと思った方は、ポンコツキコさんが語る以下の点に注意されてください。

ポンコツキコさんがどうしてこんなことを言っているのかについてちょっと調べてみたんですが、これは人間とカエルの体温にかなり差があるからみたいです。

通常、人間の体温は36℃~37℃ぐらいに保たれていますが、カエルにとって快適な温度は20~27℃ぐらい。その温度差は10℃~17℃ぐらいあるわけですから、カエルにとって人間の手に触れられるということは、私達が50℃前後のお風呂に入っているような感覚らしいです。

しかもカエルは外気の温度で体温が変わってしまう変温動物です。体温調節機能を持たないカエルにとって、この温度差はかなりキツく、下手すると体調を崩してしまうのだそうです。

なのでカエルと触れ合う時はその点を考慮に入れ、優しさと思いやりを持って接してあげてください。例えば、この猫ちゃんのようにね。

触り方がめっちゃ優しくて和みます。この場合はほとんど触ってないので体温差は大丈夫なのかな? チョイチョイですもんね。

ということでですね、今回はカエル大好きTwitterユーザーさんとカエルの心温まるハイタッチ画像のご紹介でした。

どういうつもりなのかな? なんだか今ひとつ動機が理解できない柴犬の行動
「ブクブクアワー」の作者であるヨシヤス(@_YOSHIYASU_)さんが、Twitterに投稿した柴犬画像がかわいくてお...
種の垣根を越えた救出劇に感動! 溺れていた小鹿を発見して救助するゴールデンレトリバーの動画
米ニューヨーク州ロングアイランドのポートジェファーソンで、1匹の犬が溺れている小鹿を救助するという出来事があり話題となっ...
真夏の廃墟の怪! 廃墟撮影中に偶然撮れてしまった「そこに居るはずがないもの」の映像
廃墟を撮影して写真集を制作している同人誌サークル『廃墟探索部』の動画・写真担当である稲葉渉さん。 この方は10年以上も写...
なんと不思議な現象! あっという間に赤ちゃんを眠りに誘う魔性のボイス
米カリフォルニア州サンディエゴに住むDaniel Eisenmanさんにはすごく不思議で便利な特技があります。なんと彼は...
なんてカッコイイ鳥! モデル立ちで開演をお知らせする上野動物園のハシビロコウ
皆さんは「ハシビロコウ」という鳥をご存知でしょうか? 上記画像の鳥がハシビロコウなのですが、この鳥は「滅多なことで動かな...