女の子が生まれると思いながら出産に立ち会ってたら男の子が生まれちゃった時のお父さんの反応

生まれた赤ちゃんが男の子だったことに驚くお父さん

個人差はありますが、現在の医学では大体妊娠18~20週ぐらいになるとエコー検査で胎児の性別を判定できるようになります。ただ、胎児の体勢によってはわかりづらかったりする場合もあるそうです。

これからご紹介する動画はある妊婦さんの出産シーンなのですが、立ち会っているお父さんは生まれてくる赤ちゃんの性別を知りません。彼は現在3人の娘の父親で、4人目もきっと女の子だろうと思っています。

ところが生まれてきた赤ちゃんは…。

“You sure?” Surprised dad gets a boy after 3 girls

この喜びっぷり(笑)。男の子だとわかった瞬間の驚いた顔とかサイコーですよね。

男の子が生まれて驚いているお父さんの顔

あんまり驚きすぎて、顔が左右にプルプルしてるとこが面白いやらナゴナゴするやら(笑)。もう何回も見直しちゃいましたね。

なんでもこのご夫婦は、完全に女の子が生まれてくると思い込んでいたので、男の子用の名前すら考えていなかったそうです。まあ3人も女の子が続いたら、次も女の子だろうと思っちゃいますよね。

女の子が生まれると思ってるのに赤ちゃん作るってことは、このご夫婦は性別なんて気にしてなかったんだと思いますが、それでもやっぱり男の子は嬉しかったんでしょうね。男の子も女の子もそれぞれ違った可愛さがありますから、そりゃどっちも欲しくなろうってもんですよ。

ちなみに生まれたBOYの体重は9ポンド15オンス(大体4500グラムぐらい)。日本の赤ちゃんは、一般的に2500グラムから4000グラムぐらいで生まれてくるらしいので、これに比べるとかなり大きいですよね。でもこれ人種によってかなり違うみたいで、アメリカとかじゃ、4000、5000は当たり前なんだそうです。

ということで、今回は女の子だと思ってた赤ちゃんが男の子だったのでビックリして喜ぶお父さんの話題でした。

観客席に飛び込んできたファールボールから、己の身を挺して少年を守ったマスコット
球場で野球を観戦していた観客に、ファールボールが当たって怪我をするという事例は少なくありません。 今回は、観客席に飛んで...
母馬の目の前で、橋の隙間に足を挟まれて動けなくなっている仔馬を救出する男性
今回は、橋の上で動けなくなっていた仔馬の救出映像をご紹介したいと思います。 とある男性が、車を運転しながら木で作られた橋...
パソコンを使っている飼い主さんが構ってくれないので強硬手段に出る犬
パソコンを使っている飼い主さんにくっついている犬のBellaちゃん。どうやら飼い主さんにかまって欲しいようで、鼻先で邪魔...
二人の赤ちゃんがソファーの後ろで妙に静かになっていたので覗いてみたら可愛いものが見れました
今回は、米カリフォルニア州ウッドランドヒルズのとあるお宅で撮影された、短いけどめっちゃ可愛い動画をご覧いただこうと思いま...
一体どこに惹かれたのか? のそのそ歩くビーバーを、みんなでストーキングする牛の群れ
今回は、歩いているビーバーの後ろを集団でついてまわる牛の動画ご紹介したいと思います。 自分よりめっちゃ体の大きな牛が、集...